03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

竜田@会長

Author:竜田@会長
この日誌を主に書く人。
OGAの現会長。八代目(多分)。
主食はTRPG。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

最近の記事

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

友達申請フォーム

この人と友達になる

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1~3月例会レポート/TRPG編

1~3月は毎月40名近い参加者を向かえ、毎回6~7卓が立つという盛況振りでした。
有難いことです。
では、2008年1~3月TRPG卓の詳細です。
 【1月例会】
7卓でセッションが行われました。
まずは、スタッフ卓からのレポートより。

 「ナイトウィザード2nd」(ゲームの輪)/GM:まみむめも
 新たな敵と戦うために、以前までは敵として戦いあっていた側と共闘するといったシナリオでした。
 ダークヒーロー側とヒーロー側に分かれて、最終的にはヒロインを殺す側、守る側と分けていたのですが…
 最終的には立場が入れ替わってしまい、ハテハテ?といった感じに進行する結果に。
 何が起こるかわからない…というのを体験したセッションとなりました。
 システム面としては…できることが広がったというのが大きいと思いました。
 また、戦闘における立ち位置ができたため、自分の役割がわかりやすいというのがプラス点でした。
 もっと準備ができれば…と思いましたが、満足してもらえたようなので、ひとまず満足です。
 参加の機会があれば、ぜひ一度体験してみてください。

 「りゅうたま」/GM:らっこ。
 昨年末に発売された新しいTRPGです。
 可愛らしいイラストが特徴的で、そのイラスト通りのお話を展開できたと思います。
 同じシナリオを2月の「ゲームの輪」でプレイ予定のため、内容については伏せておきます。
 ほんわかとした独特の雰囲気を味わいたい方は、「ゲームの輪」を覗いてみてください。

 「ダブルクロス」/GM:EDE
 南極に眠る古代レネゲイド文明の遺産にはレネゲイドウィルスを消し去るアンチレネゲイドウィルスが
封印されていた。
 という、トンデモネタで、ダブルクロスをやりました。
 ノリとしては昔々のマンガのス○リ○ンとか某学研の○ーとかの雰囲気を狙っていました。
 思ったよりもダブルクロスの世界にあっているのかなぁと勝手に思いました。
 プレイヤーさんが積極的に物語を作ってくれたのでとてもよいセッションになったと思います。
 参加者の皆さんにも楽しんでいただけたようでGM冥利に尽きるセッションだったと思います。
 参加者の皆さんありがとうございました。

続いて、参加者さんの卓の報告を簡単に。
 「ダブルクロス」
  ステージに魔街・デモンズシティを使ったシナリオ。
  もし、その歴史を変えられるとしたら?やり直すのか、それとも今を選ぶのか……
  プレイヤーに大きな決断を迫るシリアスな内容でしたが、
  なかなかどうして、笑いの耐えない展開に。
  でも、最後は『今』を選んで、格好良く〆ることができたようです。

 「トーキョーNOVA-D」
  アヤカシ(いわゆる、妖怪や魔物の類)の絡むシナリオ。
  GF誌のサポート記事を元に作ったものだとか。
  NOVAに乗り込んできた狩人たちの陰謀を砕き、一応のハッピーエンドを迎えたようです。

この他、「ダブルクロス」、「GUNDOG WILD LIFE+」もプレイされました。
ちなみに3卓あったがダブルクロスですが、図ったようにティストが違う辺りが流石(笑)。
また、今回も参加者の中からお二方、GMの名乗りを上げてくれました。
GMの皆様はお疲れ様&ありがとうございました。

 【2月例会】
6卓でセッションが行われました。
まずは参加者さんの卓より。

 「トーキョーNOVA-D」
 例会でもお馴染みになってきたシステム。
 今回はGF誌掲載のシナリオで死国(四国)を舞台にした「ラストリゾート」をプレイされたとのこと。
 主役はイヌ(スタイルの一つ。NOVAにおける警察)ではなく犬。
 一風変わったセッションになったようです。

続いて、スタッフ卓からのレポートです。

 「りゅうたま」(ゲームの輪)/GM:らっこ。
 行方不明のヒーラー青年を探し、草原を探索するお話。
 ルールブックの表紙イラスト通りの可愛らしい物語になったと自負しています。
 今回、旅人たちを苦しめた最大の敵は豪雨でした(笑)
 「旅日誌」や「街づくりシート」ににじみ出るプレイヤーたちの個性が楽しかったです。
 自分たちだけの世界設定を作ってみたい方は、一度「りゅうたま」を体験してみてはいかがでしょうか?

 「クトゥルフ神話TRPG」/GM:ことくう
 シナリオ集『七つの怪談』より、「牛の首」というシナリオをしました。
 何気ない日常から始まり、少しづつ少しづつ違和感を感じる展開。
 徐々に命の危険がせまり、でも、真実を追うのをやめない探索者達。
 最後のオチは突き抜けた怖さでもう笑うしかない、という感じ。
 そして、生き残った探索者は、まだ日常の裏に次の脅威が迫っていることに気付くのでした・・・
 CoCが好きな人には、必プレイ級のとても良いシナリオでした。
 機会があれば、別のシナリオもプレイしてみたいですね。

 「ブレイドオブアルカナ3rd」/GM:まみむめも
 以前に例会でやったものを少し焼き直したものですが、自信作の一本を行いました。
 内容はブレカナらしい、ちょっと物悲しい話でこれから先を考えられるようなお話です。
 興味のある方はマスターを捕まえて「やりやがれコンチクショー」と言ってやってください。
 ちょっと重たいゲームですが、コツさえ分かれば物悲しくカッコイイお話がやりやすいんで、よければプレイしてみて下さい。

 「番長学園・大吟醸」/GM:竜田
 何でもありの学園バトルアクション!!再び。
 悪の豪巌帝国の新たなる作戦「GB計画」を阻止せよ!!
 というわけで、自称トレジャーハンターな番長、絶対計算を誇る頭脳派番長、雅な平安貴族な番長(癒し系)、怪しい料理で皆を応援するヒロインというメンバーで戦っていただきました。
 GMもPCたちと熱いロールプレイを交わせて満足です。有難うございました。

この他、ゑるさんによる 「ダブルクロス」がプレイされました。
以前やったシナリオを焼き直してのセッション。
投げかけられた問題に悩みながらも、PCたちはそれぞれの結論を導き出してくれたそうです。

 【3月例会】
7卓でセッションが行われました。
まずは、参加者さんの卓より。

LR は違えど三連続でプレイされているお馴染みサイバーパンク。
 「トーキョーNOVA-D」
 別れた女が変わっちまった。お堅いブンガクとやらが好きな作家志望の女だったのに。
 一体何があったってんだ?
 ――そんな探偵の独白から始まり、裏を探って行くうちに黒幕に辿りついて、派手に決める。
 そんなハードボイルドなシナリオが蓋を開ければ――別れた彼女を取り戻すへたれ探偵の純愛物語に。
 筋はどうあれ、最後は黒幕のマフィアの陰謀を叩き潰してのハッピーエンドだったようです。

続いてはスタッフ卓からのレポート。

 「深淵 第二版」(ゲームの輪)/GM:EDE
 10年ほど前に一世を風靡した(?)ダークファンタジーの第2版をプレイしました。
 シナリオは暗く悲劇的な話でしたが、プレイヤーに恵まれ美しい物語になりました。
 どうなるか分からないところが魅力のゲームですが、
 プレイヤーのセンスしだいで”PRGの神”が降りてくるなぁと思いました。
 
 「ブレイドオブアルカナ3rd」/GM:八ッ橋
 例会初マスターということで緊張しましたが、
 プレイヤーの皆さんにとても助けていただき、楽しんでいただけました。
 春季大会用の学園物ということで、ブレカナらしく骨肉の争いや秘密結社の陰謀、恋愛と欲張って詰め込んだ割にはさっくりライト感覚で重くなりすぎず、腹八分な感じになっていました。
 もうちょっと欲張ってもよかったかな?この辺りのバランス取りの工夫が次回の課題かと思います。

 「GUNDOGスタンピード」/GM:たつ
 トンデモ西部劇をしました。
 開会で宣言した通り、全PCに最低1回は決闘TRSしてもらいました。
 合計すると6回決闘TRSしていました。
 戦果は撃破1、中破1(同士討ちの撃破1は含めず)でした。
 ルール処理もストーリー進行も、非常にグダグダでご都合主義でしたが、
 付いて来てくれたプレイヤーの皆様方に感謝です。

 「スターレジェンド」/GM:オリー
 “地球”、何者かに存在を消され忘れさられた星。その存在を感じ追い求めている者・“帰還者”
 そんな「帰還者」をキャラクターとして遊ぶTRPGです。
 今回はPCが逃げ出せない研究所のなかでモンスターに追われながら生存者と生還する方法を探すというシナリオ。
 結果は簡単。――怖がらないPCがさくさくとイベントをこなしましたとさ…(泣)。
 今度は自作で挑戦です。

 「ゲヘナ・アナスタシス」/GM:まみむめも
 今回は各自の目的が非公開という珍しい設定ではじめることとなりました。
 自分の目的を隠しつつ相手を利用する…といった悪者らしさってのを上手く表現できたのかなぁと思います。
 ですが、思うように動けないというジレンマもあったようです。
 プレイヤー力が非常に求められるセッションで、上手く回ったのはプレイヤーの協力のおかげかなぁとヒシヒシと感じました。
 たまにはこういったセッションもええもんですなぁ。でも、たまにで十分とも思いましたよ。
 マスター、プレイヤー共々なかなかに面白いセッションになったみたいで満足しております。

この他、 砂将さんによる「ダブルクロス」がプレイされました。
なんでも、
ステージには平安京物怪録で忠節と愛情に揺れる心――人間と物の怪の道ならぬ恋模様を描いたとか描かないとか。
実際に歌を送ったりと中々手の込んだセッションだったようです。 

GMの皆様はお疲れ様でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。