01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:竜田@会長
この日誌を主に書く人。
OGAの現会長。八代目(多分)。
主食はTRPG。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

最近の記事

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

友達申請フォーム

この人と友達になる

最近のトラックバック

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第19回OGA春季大会レポート+

遅くなりましたが、さる5月に行われたOGA春季大会のレポートです。
ほんとは、前のレポートの追記にUPするつもりだったのですが、
折りたたむにしても長かったので、こちらに。

ボード&カードゲーム卓は
お馴染みの倉本さんとmitsuiwaくんの共同レポート。
TRPG卓は各GMより、それぞれレポートがあがっています。
●ボード&カードゲーム卓
 我が道を行くが如くに「鉄道ゲーム特集」だったのに、
 更に上行く、「強引我が道(GOING MY WAY)」のため
 蓋を開けてみれば、鉄道ゲームばかりにはおさまらず……(笑)。
 合わせて、13タイトルがプレイされました。
 今回のレポートはお馴染みの倉本さんとmitsuiwaくんの二人から。

 「トランスアメリカ」
 5の目的地を線路で繋いでいく線路引きゲーム。
 遅れてくる人がいるとのこで軽めのゲームからプレイしました。
 2ラウンド獲るが、1ラウンド目の大負けが挽回できず、
始終大負けしなかったT田氏が勝利しました。

 「シカゴエキスプレス」
 手軽な鉄道運営ゲーム。
 2人のプレイヤーが株券を取得した鉄道会社を早々に収得して、
開発には協力せず、配当だけを得る。
 その一方で、自分が独占する鉄道会社はちゃっかり開発して、
高配当体勢を作る。
 中盤以降は独占している鉄道会社だけ路線を延ばしたり、
株の競りで、微妙に根を吊り上げる嫌らしいプレイをして勝利しました。

 「チケット トゥ ザ ライド メリクリン」
 ドイツとその周辺を舞台にした線路引きゲーム。
 オリジナル版と違い、乗車客ルールがあり、カードを貯めて後から引いていくプレイで
どこまで勝負できるか心配しながらのプレイ。
 後になるほど、乗車客を移動させて得られる得点が低くなるけれど、
一筆で長い線路を引いた後なので、多くの都市のポイントを獲得して勝利しました。

 「ノーリートリート」
 東部戦線を舞台にした小さなウォーゲーム。
 史実以上に南側のドイツ戦線が崩壊してしまったようです。

 「ヨーロッパツアー」
 添乗員になって、旅行者を目的地に連れていくゲーム。
 大量にチケットを使って移動させないと目的地に連れていけない所ばかりに
旅行者が居座って、プレイヤー同士で仕事の押しつけ合いをする始末。
 世界を飛び回っているT田氏が勝利。

 「ビザンツ」 
 ビザンツの街で商品を買い集める競りゲーム。手札で競るタイプです。

 「フラックス」
 ルールも勝利条件もコロコロと変わっていくカードゲーム。

 「カミシモ」
 大富豪系ゲーム。閉会式までプレイされました。

 「ノミのサーカス」
 アトラクションが描かれたカード(蚤がサーカスをして芸を披露している)をめくっていき、
好きなカードを1枚とって、その内容によって得点するゲーム。

 「Dice Town」
 ダイスポーカーで役を作り、色々な方法でお金を稼ぐゲーム。
 Area51氏ジュニア君がOGAで初勝利。
 どれだけスパルタなのとは倉本さん談。

 「ケルト(ポータブル)」
 石を進めていくクニッツァの名作のポータブル版。
 Mさんが勝利。
 運の要素が低いゲームで勝つようになったので、腕が上がっている模様。
 旦那さんを抜く日も近いかも。

 「チーズのお城」
 ネズミが城の中の五種類のチーズを取りに行くゲーム。
 凝った仕掛けが注目の的。
 倉本さん曰く「プレイする機会はあまりないけど、よくセッティングするゲーム」

 「トップバナナ」
 5匹の猿が一本のバナナを奪い合うゲーム。
 お山のてっぺんに登らせてた時に、5枚のカードをちょうど使い切っていないと
バナナがゲットできない。
 他のプレイヤーの動きを読まないといけないので、簡単だけど奥の深いゲーム。

 ちなみに、 「トップバナナ」と「ケルト」はArea51氏が勝利。
 OGAのボード卓はレクチャーは親切丁寧にするが、
勝敗となると手加減なしだなぁ。

●TRPG卓
 「“ときめき”深淵学園(深淵)」/ことくう
 “深淵”でドタバタ学園物をする――という、大会テーマ「変」にあわせた企画でした。
 セッション自体、明るく楽しいドタバタ学園テイストで良かったのではないでしょうか。
 個人的にはまだ積み残しもあるので、また時々、プレイしてみる予定です。

 「りゅうたま」/らっこ。
 「変」=「パロディ(変形)」と解釈し、某有名ゲームのパロディ的なシナリオを用意。
 しかし、参加者の誰もそのゲームを知らなかったため、「変」ではなくなりました(涙)。
 りゅうたまならではの、ほのぼのテイストのお話展開となりました。
 合言葉は「ゴブミュー!」

  「エムブリオマシンRPG」/汐
 今回のセッションは変化球的な内容をいくつか盛り込んでみました。
 アニメ全話+映画版をすべて詰め込んで濃縮させたような熱い展開に
持っていってましたが、時間内にはきちんと終われませんでした。
 ただ、楽しいんでくれていたようなので概ね成功かな……。
 次回があれば、最後の一機なるまでのバトルを!!

 「セイクリッド・ドラグーン」/砂将
 PT内のヤンデレ娘が作り上げた魔境という名の精神世界にもぐっていく話。
 GMが一生懸命ダメな娘を演出し、台無しにしようとするのにPLさん達が
頑張って良い話に持って行きました。
 GMの想定以上の良いヒロインになってびっくりです。
 ホントはもっとヘンタイだったはずなのに。
 ちなみにテーマは「これって恋ですよね?」「いや、それは変です」でした。
 戦闘は厳しすぎたかな……

 「ソードワールド2.0」/たつ
  「モンスターの逆襲」ということで、PCとしてモンスターをしてもらいました。
  一本道シナリオだったし、戦闘も4回と多かったし、ダイスの振らせ方も変だったし、
ラスボス戦は双方に決め手が無くぐだぐだしてしまいましたし、
プレイヤーの方にはおつきあいいただきましてありがとうございました。
 モンスターというか、悪キャラをするのは楽しんでもらえたようで、
敵冒険者を倒した後で食べたり、追撃して来た冒険者を見て「お代わり来た~」と
叫んでおられたのが印象的でした。

 「六門世界RPG」/オリー
 今回のお題を聞いたときかなり苦労させられました。
 世界観的にも「何でもあり」な感じがあったので、とても大変でした。
 プレイヤーの皆様にもシナリオ的には「変」ではなく、
GMが「変」ということで落ちがついたようでした
 ありがとうございました。また次の機会もよろしくお願いします。

 「ガンメタル・ブレイズ」/八ッ橋
 人類の天敵の変移種、人間から化け物への変化、
逃避行による舞台の変転、敵を守って仲間から逃げるなど。
 変というテーマを活かして思いつく限りの内容を幕の内弁当のように展開してみました。
 盛り込みすぎて尺的に物足りなさを感じたので複雑な気分に。
 プレイヤーの皆さんはとってもスイートでした。

 「ダブルクロス2nd」/竜田
 変は「変身」の変ということで
 「アウトランド/マスクドヒーローズ」を使ったシナリオをやりました。
 通常ステージからFH・UGNのチルドレンが平行世界であるテラシティに
迷い込み、すったもんだの末に元の世界に戻る。
 ――というありがちなシナリオだったのですが、ネタの部分で大いに
楽しんでもらえたようです。
 大変個性的なPCと良いプレイ
 ――予測不能なFH、保護者が必要な駄目な大人(支部長)、
その保護者ーズのやさぐれ気味の子供と苦労性のお兄さん――に
助けられて無事に時間内に終了できました。
 GMも楽しかったです。ありがとうございました。

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。