04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

竜田@会長

Author:竜田@会長
この日誌を主に書く人。
OGAの現会長。八代目(多分)。
主食はTRPG。

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

最近の記事

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

友達申請フォーム

この人と友達になる

最近のトラックバック

10月例会レポート

こちらは、そんなに前でもない
……いやもう12月なので、2ヶ月前のことですね(汗)。
遅くなりましたが、
女心と秋の空なんて言われるように変りやすい天気の狭間。
曇り時々雨の隙間を縫うような晴れに恵まれた10月例会の様子をお届けします。

40人も集まると若干手狭に感じられる書道教室で行われた例会。
冷暖房の切り替わり時期だったこともあり、快適な環境とは言い難い中、
それでも賑やかにゲームが行われました。

まずはボード&カードゲーム卓。
今回は卓を一つTRPG卓へ譲ったので、
教壇と一卓使ってのプレイ――そこで6タイトルがプレイされました。

 「入札級 関ヶ原」
 初めてOGAに参加された尾道の方と対戦。
 関ヶ原で起きた様々な出来事を発生させるか阻止するかを
 東軍、西軍がポイントを振り込んで決めるトコロがミソのゲームです。
 
 東軍のボクは吉川と小早川の裏切りに集中してポイントを振り込んで入札して、
 史実通り、右翼から小早川が攻めかかり、毛利と長曽我部はほぼ参戦できずの展開になりました。
 盤上でも光成、島津の左翼に対して戦力を集中して攻め立て突破。
 小早川の参戦も加わって半包囲状態に持ち込み、史実通りに東軍が勝ちました。
 尾道の方はウォーゲームの方だけれど、
 しばらく離れていたそうで久々のプレイでしたから、この結果は仕方がない。
 結果に関係なく、プレイできたことに満足されていたみたいでよかったです。
 ボード卓、特にダメ卓はレクチャーやアドバイスはきっちりしますが、手加減はしません。
 ゲストでも。

 「ムガール」
 最後には暴落してしまう鉄道株を買って売り抜けるゲームです。

 「宝石商」
 4つのプレイを競りで獲って宝石を集めるゲームです。

 「ズーロレット」
 2007年のゲーム大賞を獲った動物園をテーマにしたゲームです。
 勝ったけれど何が面白いか、まだ分からないです。
 ゲームのやりすぎでボクの感覚がおかしくなったか?

 「アルハンブラ]
 美しい町並みを作っていくゲームです。

 「ティチュー」
 「ごいた」と「大富豪」を合体させて中華風味にしたゲームです。
 ベテラン組と中堅組に分かれてしまい、中堅組の分が悪かったので、
 横から手助けして勝たせました。優しいなぁ>オレ。

 続いてはTRPG。
 スタッフが4卓、参加者さんの卓が3卓立ちました。

 「シノビガミ」/たつ(ゲームの輪)
 R&R誌60号のシナリオ「妖刀歓喜」を行いました。
 シナリオ内容についてはオフィシャルなものですので割愛しますが、
 対立型のシナリオであるというのが大きく影響したのか、
 PC間の感情に敵対的なものが多かったように感じました。
 仲間同士であるはずのPCにダメージを与えてしまったりだとか、
 エンディングでも仲間PCを罵ったりだとか、仲の悪い雰囲気を楽しめたのではないかと思います。
 疑心暗鬼を楽しめるプレイヤーにはお勧めのシステムです。

 「GUNDOG ZERO」/汐
 急遽GMをすることになったので、サプリメントの付属シナリオをしました。
 シナリオ内容は割愛させてもらいますが、
 PLの劇的なダイス運により銃撃戦をモチーフにしたシステムでありながら銃弾を
 一発も撃つことなく終了しました。
 ただ、アクション性を加えているサプリメントの楽しさを伝えられたと思います。

 「ゴーストハンターRPG02」/竜田
 大会に引き続き、大正は帝都を舞台に遊びました。
 新釈本所七不思議第三幕は「足洗い屋敷」
 ――足を洗うということで、当時存在していた新吉原をネタにしました。
 意味がわからなくてもお父さんやお母さんに聞いちゃ駄目だぞ!君と僕とのお約束だ(笑)
 怖がってもいただけたし、心霊科学者が自らの首を絞める稀有な現象を見ることができ、
 GMも楽しかったです。ありがとうございました。

 「門星明華学園」/ことくう
 現代日本、東京近郊の学園都市門星市の学園で不思議な学園生活をするTRPG。
 ――との触れ込みでスタートしたのですが。
 「学園内でリザードマンを見つけたら殺せ」を合言葉に、〈セブンス〉としての冒険に巻き込んでいく
 ……筈が、プレイヤーさん達が思い描いていた学園生活とのギャップに、
 どうも面食らわせちゃったみたいでorz
 次は、最初っからガチでやりまっせ(爆)

 以上はスタッフGMからのコメントでした。
 続いては――

 2ndから3rdへと版上げがされた「ダブルクロス」
 以前と変わらぬ人気を誇り、2卓でプレイされました。
 共に参加者さんがGMへ名乗りを上げてくれました。

 「ダブルクロス3rd」/孟宗竹
 自作のシナリオでのセッション
 主役となるべきPC1がなんと犬!
 だがしかし、GMをはじめ卓全員のナイスなプレイで素敵なエンディングに辿りついたそうです。

 「ダブルクロス3rd」/尾翼
 こちらは、出たばかりの上級ルール掲載のサンプルシナリオ。
 サンプルにつきシナリオの詳細は秘密。
 教訓としては「ロイスは大事に使いましょう」
 なんでも、それぞれにDロイスが設定されており、通常よりロイスが少ないにも関わらず
 前のめりに散ったPCがいたとかいないとか。

 「Projectフェアリー」/からすみ
 酒の話が真に化けた、オリジナルのシステムとか。
 元は既にサポートのなくなったカードゲームから発想を得たとか。
 秋葉原を舞台に女の子たちが駆け回るシナリオの後は、
 「エムブリオマシンRPG/QBK」こと
 「クッイック・バトル・キット」がプレイされていたようです。
 「Projectフェアリー」の方はまた来年、進化して戻ってくるそうです。

GMの皆さまはお疲れ様でした。
また、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト